総合病院の手術室に配属となった22歳の新人看護師。窓のない閉鎖的な手術室で、恐ろしい先輩看護師に罵声を浴びせられる毎日を過ごした話

総合病院の手術室に配属となった22歳の新人看護師。窓のない閉鎖的な手術室で、恐ろしい先輩看護師に罵声を浴びせられる毎日を過ごした話

【性別】女性
【年齢】(仕事が大変だった当時)
22歳

【当時の職業】
総合病院の手術室看護師

【当時の住まい】
祖母の家の近くの賃貸アパートで独り暮らしをしていた。
週に一回ほど、祖母の家で夕飯を食べ、仕事の愚痴を聞いてもらっていた。

【その仕事はまだ続けてる?もう辞めた?】
転職して、違う業種で働いている





【就職のきっかけと経緯】
看護師と保健師の資格を取得し、まずは看護師としてのスキルを高めたいと思い、総合病院に就職した。
中でも実際の治療を勉強したかったので、手術室を希望し、一年目で手術室に配属となった。

【環境と仕事内容】
総合病院の中央手術室にて、全科の外科手術と内科の血管造影(治療も含む)の介助を行なっていた。
基本的には平日の日勤帯に勤務し、夜間や休日はオンコール体制で緊急手術に対応していた。
緊急手術として多かったのは一般外科手術(イレウス、急性虫垂炎、急性胆嚢炎等)や急性心筋梗塞、脳出血、交通外傷など。
給与は手取りで23?25万程度であった。

【大変だった時期】
看護系大学を卒業したのちの、新卒一年目の時。




【大変だったこと】
手術室という、窓のない閉鎖的な環境で、先輩達同士もあまり仲が良くなく、派閥がうまれていた。
また、常にピリピリとした雰囲気で手術が行われているため、医師は看護師に厳しく、先輩看護師は後輩看護師に八つ当たりをする、という構図が出来上がっていた。
患者さんとのコミュニケーションも少ないため、『患者さんが麻酔で眠ってしまえば、何を言っても何をしててもいい』状態が通っていた。
自分の思い描いていた看護師像はそこには全くなかった。
しかも、『私達は手術に参加している、優秀である』と勘違いしている看護師も多く、病棟看護師に対しても高圧的。
病棟看護師がオペ出しをしてくる時、お迎えに来る時に何か忘れ物があったりすると、嫌味を言ったり上から目線で厳しい言葉を浴びせたりする看護師もいた。
私は1年目の時から『バカ、アホ、日本人じゃない(言葉が伝わらない)』などといった事を直接言われ、2年目の秋に精神を病んで休職した。

【大変だった期間】
新卒1年目から3年目まで(4年目以降は外科病棟に異動した)




【当時の心境】
明日の勤務ではどの先輩と一緒だろうか、と怯えながら出勤していた。
手術中のピリピリした空気、先輩からの罵声、患者さんとのコミュニケーションがないので感謝されることもない、といったネガティブな環境での仕事で、毎日が辛かった。
自分の必要性を感じられず、だんだんと鬱っぽくなっていった。

【職場が大変だった原因】
限られた人(医師、看護師、その他手術室担当のコメディカル、手術を受ける患者)しか入らない、閉鎖的な空間であるため、人間関係も狭い範囲でのやり取りであった。
手術室という、緊張感の必要な空間でミスをしてはいけない雰囲気もあり、人に厳しく当たるのが当然の状況であった。
その中で、後輩看護師に罵声を浴びせる特定の人物(先輩看護師)がいたが、誰も注意する人はいなかった。




【仕事で良かったこと】
少しずつ、大きな手術に入れるようになったり、対応できる手術が増えていくと、やりがいや達成感を感じられた。
医師からは、できるようになった事を褒められることもあり、モチベーションがアップした。
厳しい先輩の多い環境でも、味方になってくれる先輩看護師もいたので、たまに食事に行って相談に乗ってもらった。




【特にひどかった最悪の出来事】
ある特定の人物(先輩看護師)から、挨拶を無視されたり、分からない事を聞いてもまともに教えてもらえなかったり、ミスをすると「バカ?」と直接言われたりしており、我慢できなくなって看護師長に相談をした事があった。
看護師長は、その先輩看護師を呼び出し、「どんな言い方をしているのか?新人に対する言い方がきつすぎるのではないか。」と指導してくれた。
しかし、その事が原因となって、先輩看護師から恨みを買われてしまい、先輩看護師からのいじめは更にエスカレートしてしまった。
聞こえるところで悪口を言われる、こちらを見ながらバカにしたように笑ってくる、「バカ、アホ」などの言葉は当たり前になった。
他の先輩看護師達も巻き込まれたくない、と見て見ぬふりで、見方をしてくれる人はほとんどいない状態であった。




【相談した人・助けてくれた人】
看護師長に相談したとき、その先輩看護師に指導してくれた事自体は、自分の見方をしてくれたような気がして嬉しかった。
(今でも尊敬する師長)一歳上の先輩看護師には悩みを相談できた。
日勤終わりに夜ご飯を食べに行くたびに愚痴を聞いてもらっていた。
直接的に助けてくれるわけではないが、唯一の理解者であった。

【改善のための行動】
「バカ、アホ」と言われる原因は、自分が仕事ができない人間だからだ、と思い、一つずつできることを増やしていくことに専念した。
先輩の目があると緊張してミスをすることも多かった。
とにかく、冷静に目の前の手術に集中できるよう意識をして頑張っていた。




【現在の状況と心境の変化】
現在は、総合病院の看護師を退職し、保健師として働いている。
手術室看護師を経験して得たことは、仕事上の人間関係はプライベートとは別であると割り切ることで気持ちが楽になるということ。
また、仕事をきちんとこなせていれば、文句を言われても、自分に自信を持って仕事に行けるということ。
常に平常心(冷静さ)を持つことを意識していれば、自然とストレスコントロールができるようになるということ。
これらを意識しながら今の職場では楽しく仕事ができている。

【学んだこと】
17.で記載した内容に加え、職場は必ずしも気の合う人たちの集まりではないため、ある程度の人間関係のストレスはあるのが当たり前だということ。
苦手な先輩に好かれようとするより、大事なのは、目の前の患者さんの看護に集中すること。



【当時の自分へのアドバイス】
毎日先輩から罵声を浴びせられて辛いですか?それは、本当にあなたのせいですか?理不尽な事だとは思いませんか?自分が全て悪い、と気に病むのではなく、もしも納得がいかないのなら、怒っていいと思います。
あなたが怒れないのなら、私が代わりに怒ってあげます。
それでも辛いなら、逃げてもいいと思います。
自分を犠牲にして、その先輩看護師を守る必要など全くありません。