総合病院で看護師として働きだした新人だった頃。圧が強い先輩にいびられて精神的に追い込まれた話。

総合病院で看護師として働きだした新人だった頃。圧が強い先輩にいびられて精神的に追い込まれた話。

【性別】女性
【年齢】(仕事が大変だった当時)
22歳

【当時の職業】
総合病院で看護師

【当時の住まい】
職場の寮に一人で住んでました。
寮といっても、借り上げマンションだったので、周りには普通の人も住んでるマンションでした。

【その仕事はまだ続けてる?もう辞めた?】
転職して、同じ業種の別の職場で働いている





【就職のきっかけと経緯】
とりあえず都会で仕事がしたくて、田舎から大阪の病院に就職しました!その病院を選んだ理由は、都会だけど、周りに緑があったから(笑)

【環境と仕事内容】
小児科と内科の混合病棟で、新人だったので、最初の半年は小児科で次の半年が内科という感じでした。
職員の人数は小児科と内科で15人ずつくらいで、内科の患者さんは認知症が強くて寝たきりの患者さんから、日帰り入院の軽症の方まで幅広くいました。
新人の最初の頃は日勤ばかりで、慣れてきた頃から夜勤が入るようになり、最終的には月に7回ほど夜勤でした。
給料は可もなく不可もなくという感じで、悪くはなかったけど、よくもなかったです。
寮に住んでましたが、病院から徒歩30分ほど離れていたので、自転車で通勤していました。
雨の日は電車で行ったりしていました。

【大変だった時期】
新卒で就職して1年目が一番大変でした




【大変だったこと】
とにかく人間関係!ボスと言われている先輩がいて、どこでも怒鳴る!患者さんの前でもお構いなしに怒鳴られて、気持ちが追い付きませんでした。
当時、同じ新人で同じ病棟に入職した同期が3人いましたが、1年以内に全員やめてしまいました。
最終的に同期がいなくなったので、支え合うこともできず、何度もやめて地元に帰ろうかとか、看護師が向いてないんじゃないかと悩みました。
プリセプターの先輩が三人いて、その中の一人が同じ寮で仲良くしてくれていたので唯一の救いでしたが、その先輩も家庭の事情で半年で退職してしまいました。
あと二人のプリセプターは、ボスほど厳しい人ではありませんでしたが、褒めるということは一切なく、全てできて当たり前!出来てないことばかり怒られて、毎日泣いていました。

【大変だった期間】
新人の1年間が一番大変でした。




【当時の心境】
毎日仕事に行くことが苦痛で苦痛で、何度もやめたいと思いました。
1年で同期もいなくなってしまったので、自分もやめてしまいたいと何度も思いました。
ただ逆に、こんな大変な病棟で続けることができたら、どこで就職してもやっていけるんじゃないかとプラスに考え直し、4年間頑張りました。

【職場が大変だった原因】
一番の原因はボスでしたが、そのボスに育てられた人達だったので、みんなボスみたいな感じで病棟全体が大変でした。
他の病棟の同期からは、そんな話は聞かなかったので、私が勤めた病棟が独特だったのだと思います。




【仕事で良かったこと】
大変な病棟で、厳しく育ったからこそ、そのあとどこに就職してもあまり大変だとは思いませんでした。
だいたいのことはこなせたし、厳しく育ったからこそ、自分は優しくしようと心から思えました。
また、厳しくしてしまったあとは、フォローを忘れないようにしました。




【特にひどかった最悪の出来事】
10年以上前なので、あまり覚えていませんが、患者さんや患者さんの家族がいる病室で、先輩に怒鳴られたことです。
確か、患者さんに吸痰の処置をしていた時、手技が教えられたものと違っていて怒られたと思います。
先輩に見られていて緊張してしまい、手順を間違えてしまいました。
間違えてしまったのはもちろんダメなことだとは思うし、それで怒られるのは仕方ないけど、せめてナースステーションや患者さんがいないところでと思いました。
怒られるのは仕方ないけど、患者さんの前で怒鳴られたら、私も嫌な気持ちになるけど、それを聞いている患者さんや患者さんの家族もいい気持ちはしないと思うし、不安になると思うので、ほんとにやめてほしいと思いました。




【相談した人・助けてくれた人】
最初は同じ病棟の同期に相談したりしていましたが、やめてしまってからは地元の母に相談していました。
何度も帰っておいでと言われましたが、ここで帰っていいのかと何度も自問自答して帰らないことにしました。
あと、違う病棟の同期も支えてくれました。

【改善のための行動】
あまり自分一人で溜め込む性格ではなく、すぐに誰かに相談することが多かったので、逃げることなく頑張れたのだと思います。
吐き出し口があると気持ちも楽になるし、頑張れます。
あとは恋愛をしてたのも良かったのかもしれません。




【現在の状況と心境の変化】
その病院をやめてから10年以上経過しました。
次に勤めた職場は人間関係重視で選んだので、ほんとに人間関係がよく、働きやすかったです。
収入も上がり、いいこと尽くしでした。
ただ、地元に帰りたい気持ちが強かったのと、地元での結婚が決まったので、さらに転職して今の職場になりました。
田舎はなかなか就職口が少なく、条件もかなり悪くなり、人間関係もあまりよくないので、前回の職場みたいな所が田舎にもあったらいいなと思います。

【学んだこと】
収入はもちろん大事ですが、長く働く上で人間関係は一番大事かもしれません。
結婚してからは、福利厚生も大事だなと思うようになりました。



【当時の自分へのアドバイス】
やめずに続けてよかったし、よく頑張ったと言ってあげたいです。
でも、元々勉強することが苦手だったし、課題をせずに睡魔に負けてしまうこともあったので、やらなくてはいけないことは先にやりなさいと言いたいです。
経験年数が長くなるに伴い、責任ある仕事を任されるようになってからは、いつの間にか後回しじゃなくて、なんでも先にやるようになりました。
当時もなんでも先にやるようにしていたら、もっと違ってたかもしれません。